押す力では筋膜どうしは、剥がれないのではないか?だからカッピングが有効なのかもしれない?

豊橋 豊川 カッピング

癒着した筋膜どうしは中々剥がれない?

腰痛身体を触る仕事をしているので自分自身の怪我は自分でどうにかしたい(自分自身が良い実験材料)と考え、頻繁に壊れた箇所を触ります。
そんな時に行えることと言えば筋肉を押し触る事かオイルやクリームを使い押し流すぐらいしかできません。(ストレッチとかも出来ますけどね)
今回僕自身が怪我をした肘に関しては皮膚もとても固く筋肉や腱も非常に固くなっており、どれだけ動かしても、その回復には限りがありました。
また、多くの時間、押し流す様な力を加えると受け手的には【痛み】が強くなってしまい、負担も大きい割に効果は少ないのです。最悪は後日に好転反応が強く出てしまったりしてダル重くなってしまうなんてことも。

 

 

癒着しているであろう箇所は皮膚も硬い

筋膜僕の身体での経験では怪我をした箇所の筋肉や腱が固くなっていて動きが減ってしまっている事は確かなのですが、同時に皮膚も固くなってしまっている事があります。
例えるならば皮膚がサランラップの様な硬さに(感触に)なっています。
理由はわかりませんが、怪我をした箇所に関係する筋肉繊維にそった皮膚が固くなっていることが多いのです。
それに気がついた時に皮膚を剥がす(持ち上げるような)施術を始めるようになったのです。

 

怪我をしていない箇所の皮膚も硬いケースがある

それ以来、皮膚の硬さが気になり施術しながら多くの方の身体を触っていると気がついたことが
主訴の周りの皮膚が硬い(張力が無い)ケースが多々見られると言うことです。
肩こりから首まで辛く、背中周りまで固まっている人の多くは固くなっているのは【筋肉だけではなく皮膚も固くなっている】そう感じました。
施術の中である程度の皮膚へのアプローチは可能ですが、整膚の様に皮膚を持ち上げるだけの施術は出来ません。
(推拿での拿法と言う施術がありそれが辛うじて皮膚を持ち上げるような施術スタイルであると思います。)

 

剥がすとは押す(正)の力ではない?

筋膜を剥がすと言う時、その言葉を実行すると考えると当然に
【剥がす】=引く(マイナスの力)であると考えました。
筋膜を調整するとか筋膜同士の癒着を剥がしたいと考えた時に
【押して剥がす】では余りにも非効率的であると思ったのです。

確かに押し剥がすと言う言葉がありますが、押し剥がすことは受け手にとって相当な負担を強いるものだと僕は感じました。

そこで必要となるのは引く(マイナス)の力を与えてあげれば、癒着した物は剥がれてしまうのでは?そう感じたのです。

僕の怪我をした側の肘から肩にかけて癒着しているであろう肩(僧帽筋)等は
皮膚が固くなってしまっているので
施術をしていて【これは押す力では改善しない】と何となく感じており
時々皮膚を引く(負の力)施術をしたりしたこともありました。

カッピングしかし人の引く(負の力)を与えようとする場合
指先で摘む等してピンポイントで力を与えてしまうので
受け手的には非常に負担が大きすぎてしまい(つまりは痛みが強すぎる)
それを施術と呼ぶにはふさわしいものではありませんでした。
そこで今回新たに取り入れた施術がカッピングとなるのです。

 

引っ張る力が掛けれるのがカッピング

カッピングはカップ内の空気を吸うことで(負圧を掛ける事で)
癒着した皮膚と筋膜を剥がすことが可能となるのです

しかし、ただ吸うだけでは筋膜に対して効果的に癒着を剥がすことは出来ないので
必要と感じた場合は患部にジェルを付けてカッピングをスライドさせます。
これにより筋状の跡が付きますが効果的に癒着した筋肉と皮膚を剥がすことが可能です。
整体師として筋肉の位置や繊維方向を理解できているからこそ安全で効果的な
カッピングスライドが出来きます。

酷い肩こりや首の痛みを感じている方は
骨盤調整と脊椎調整を行う整体と組み合わせてのご利用がオススメとなります。
過去に骨折や関節の怪我等が原因だと感じている方はご来店時に
問診を行いますのでその際にお伝え下さい。

整体とカッピングの組み合わせた料金は
整体60分+カッピングで10,000円(税別)となっております。
お気軽にお声掛け下さい。

 

 

整体そら豆 Hoshika Body Work'sへのご予約お問い合わせは

0532-74-1285

朝8時より予約受付しております(完全予約制) 営業時間 am10:00~pm7:00(火曜定休) 【施術中の場合はお電話に出れませんので留守場電話にメッセージかメールフォームをお使い下さい】 土曜・日曜営業しております。 【住所】豊橋市白河町44(唐揚げのスズヒロさん真向かい)

メールでのご予約お問い合わせ希望の方は下記のメールフォームをお使い下さい (2日経っても返事がない場合はお手数ですが直接お電話下さい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です